都会

解散登記はプロを頼る~スムーズに手続きを行なうためにも~

一般的な事故

meeting

最近は車の交通事故のみならず、自転車による交通事故も増えてきました。横浜も人口の多い地域ですので、交通事故発生件数が多いです。事故に遭遇したら、警察に連絡をして、弁護士に相談すると良いです。弁護士であれば、事故後の煩雑な手続きのサポートを的確に行なってくれます。

もっと詳しく

税金の節約

woman

横浜は、比較的裕福な人がたくさん住んでいることに加え、地価も高いため、家族が亡くなった後に多額の相続税を支払うハメになる人が大勢います。そのため、多くの人が税理士に相談して、生前に節税対策を講じています。

もっと詳しく

適切な手続きを取る

オフィス

司法書士を探す

個人事業を営んでいる場合は、解散という概念が特にありません。しかし、会社としての活動を進めてきた法人の場合は、解散の手続きを取ることが求められます。個人事業と法人の違いについて、きちんと理解しておく必要があります。具体的には、解散登記をしなければなりません。解散登記の手続きは、法律の知識がない一般の人には難しいものなので、司法書士に依頼するのが基本です。会社を解散することに決めたら、早い段階で司法書士を探す必要があります。司法書士に依頼すれば、解散登記を確実に行うことができるため、解散の処理を進めていく過程で戸惑わずに済みます。必要な処理は多いので、専門家の手を借りずに処理しようとすると、失敗しやすいです。

必要書類などを揃える

解散登記を行うためには、さまざまな書類を用意しなければなりません。書類の不備があると、正式な登記を行うことができず、会社を解散することができないのです。会社を解散する理由は、それぞれの会社によって異なっていますが、ゆっくりと手続きを進めていく余裕があるケースは少ないものです。司法書士に依頼するのと合わせて、必要書類をきちんと作成することが大切です。司法書士によって、依頼する際の料金は異なっています。解散登記をする時点では、事業がうまくいっていないことが多く、費用は抑えたいと考えるものです。しかし、確実に解散登記を行うには、それなりの費用をかけて司法書士に依頼することが必要なので、料金の安さだけで司法書士を選ぶのは禁物です。

示談する前に必ず相談

Man and woman

安全な道を歩いていても交通事故にあう可能性はあります。交通量が多い東京ではその確率が高くなります。もしあってしまった場合はすぐに示談せず必ず弁護士に相談しましょう。後遺症などで苦しまないためにとても大事なことです。

もっと詳しく