記事リスト

ファミリー

出資型のおすすめ投資法

アパートやマンション経営だけが不動産投資ではないのです。「みんなで大家さん」のように出資型の不動産投資もあります。多勢の人が出資して、利益が出たら分配する方式です。「みんなで大家さん」の評判が良いのは利回りが7%前後と高いこと、リスクを小さくする分散投資ができることです。1口100万からできます。

マンション

不動産を売った時の税金

投資マンションの売却益に課税される所得税と住民税はマンションの所有期間に応じて税率が決まり、所有期間が5年以下であれば高い税率によって税負担が重くなります。また、売買契約書に記載された金額に応じて印紙税が課税され、個人事業主として消費税が課税されますが、登録免許税は買主が負担するため課税されません。

女性

国外の不動産投資

国内の不動産投資の期待リターンが低下の一途を辿る中、相対的に高いリターンが得られる海外不動産投資が人気を集めています。基本的な投資ストラクチャーは国内不動産と一緒ですが、投資を行う際にはその国の税制等について確認しておく必要があります。

男性

資産運用を考えるなら

初心者で不動産投資を考えるのなら首都圏23区のワンルームがお勧めです。これからの日本は地方で人口減少、首都圏で人口流入といった歪な人口構成になります。そこで人気エリアでまず一つ、ワンルームマンションを持つことを目指すのです。今の日本で不動産投資ほど魅力的な商品はないかも知れません。

部屋

入居率を高める救世主

賃貸物件の入居率低下に歯止めをかけると多くの方が利用しているのが、民宿の貸し出しを行えるairbnbです。海外からの観光客の宿として物件を貸し出せるため、人口減少に打ち勝つ賃貸経営ができます。代行業者を利用することで、語学に自信がなくとも安心してairbnbに参入できます。

効率的に殖やせます

模型とお金

ゆとりを手に入れよう

不動産投資は個人が行う資産運用手段として、かなり有効な選択肢の1つです。なぜならば、不動産投資は、他の投資手段と異なり、銀行から借り入れをしながら投資を行うことができるからです。株式投資やFX等をするために銀行からお金を借りることはできませんが、不動産投資ならば銀行は喜んでお金を貸してくれます。借入をして中古マンション等の収益物件を購入するということは、銀行のお金で不動産を持ち、その収益の大半を自分のものにできるということです。現在、ローン金利は1%から2%の水準です。一方で、実質利回りは5%前後となります。仮に物件購入費の全額をローンで賄ったとした場合、実質利回りとローン金利の差分である3%から4%が投資主の収益となります。自らのお金を出さなくてもこれだけの収益が生まれるわけです。もちろん、借入をしているわけですから、毎月返済を行っていかなければなりません。また、不動産投資には空室リスクというのものあります。そのため、実際に借入をして不動産投資をする際には、リスクを抑えるために、物件価格の2割から3割程度の頭金を用意しておくことをお勧めします。リスクを上手にコントロールすれば、効率的に資産を殖やすことができます。今は銀行が積極的にお金を貸してくれる時代です。将来のために、今のうちに収益物件を購入しておけば、定年後に給与収入がなくなっても、家賃収入でゆとりある生活をすることができます。