記事リスト

入居率を高める救世主

部屋

語学力がなくとも安心

人口が減少している日本。年々空き家の増加率が高まっており、賃貸物件のオーナーの中には入居率に悩まれている方も多いことでしょう。しかし、airbnbを利用することで、入居率の低下に悩まなくなります。airbnbとは、民宿を貸し出す人向けのウェブサービスです。部屋を貸したい人と借りたい人を結びつけ、2008年のサービス開始より爆発的に利用者が増加しています。ただし、日本でairbnbを利用する場合には、許可申請が必要です。また、海外からの問い合わせに対応する語学力も不可欠です。そのため、airbnbを利用される場合には、代行業者のサポートを受けることが一般的です。代行業者では、主に4つのサポートを提供しています。最も代表的なのがフルサポートです。airbnbの許可申請から始まり、インテリアのコーディネート、部屋の写真撮影、問い合わせの受付け、鍵の受け渡し、清掃までワンストップで提供します。多くの代行業者がフルサポートに対応しているため、気軽にairbnbに参入できます。また、費用を抑えたい方から支持を集めているのが、問い合わせサポート、鍵受け渡しサポート、清掃サポートなどの各種サポートのみを利用するものです。語学に自信がない場合には、問い合わせを代行してもらうだけでも負担が大きく軽減します。英語は堪能だけど清掃する時間がない方は、清掃サポートを利用するといいでしょう。問い合わせのみの代行であれば、総売上の5%から10%の費用のみで依頼が可能です。