記事リスト

資産運用を考えるなら

男性

将来の不安をなくそう

不動産投資は不動産を購入して他人に貸して家賃収入を得る事、あるいは売却益を狙って不動産の購入を行うかですが、日本人の場合はやはり家賃収入を得る事で老後の収入の柱にと考える人が多いのです。ただ初心者で不動産投資を考える場合に注意点があります。一つは物件選びです。自分が借りることを想定すればおのずと駅から徒歩圏内で買い物が便利など条件があげられます。つまり生活環境が良いのが最大のポイントです。また間取りはファミリータイプよりワンルームがお勧めです。日本の人口は地方で減少している一方、首都圏23区では人口の流入が止まりません。このような場合、まずはワンルームから賃貸は埋まる傾向があります。人気エリアでまずはワンルームマンション投資から初心者は始めると良いでしょう。不動産投資する場合、賃貸マンションは家賃の集金やクレーム対応、メインテナンスの手配など雑用も付随しますが、管理会社を通せば手数料は取られても、煩わしさからも解放され、仕事に専念出来ます。また投資の代表でもある株式や、FXなどは会社員だと日中時間もなく、それでも相場をチェックする必要がありますが、不動産投資にはそれがありません。初心者にはもってこいの投資方法なのです。将来、住宅ローンよりも家賃収入が上回れば利益も出せます。それにより安定した収入になり、老後も安心して生活が送れます。まさに初心者には保険や貯金のような生活の土台にもなる比較的ローリスク・ミドルリターンの投資商品なのです。