ビル

解散登記はプロを頼る~スムーズに手続きを行なうためにも~

一般的な事故

meeting

日本における交通事故件数は年間約五十七万件で、横浜を含む神奈川県では約四万三千件発生しています。これは日本で五番目に多い数字です。しかし、日本全体で見ると交通事故発生件数はピークである十年前から一貫して減少傾向が続いています。これは横浜でも同じです。しかし、この数字は自動車事故の統計であって、近年増加している自転車事故は含まれていません。横浜でも自転車事故の認知件数は増加しています。最近では自転車の交通違反で講習を義務化したり、自転車事故を保障する自転車保険のサービスも登場しています。また、これからは高齢化社会がより加速するので、老人の交通事故が増えると予想されています。

万が一、横浜で交通事故に遭遇してしまった時には、速やかに警察へ連絡を取るのが重要です。個人間の示談で済ませようとすると、後々トラブルになる可能性があります。個人間での示談は避けるように心がけましょう。交通事故にあった時には、弁護士といった専門家に相談するのが一番です。なぜなら、弁護士であれば、交通事故の示談金交渉から後遺障害の認定の手続きまで、トータルでサポートしてくれるからです。交通事故にあい怪我をしてしまった場合、支払われる保険会社から支払われる示談金は生活の柱となるケースは少なくありません。その示談金交渉ですが、個人で行なうと相場価格を知らないために、安く支払われるケースが多いです。そんな時に、弁護士に相談して、示談金交渉を依頼しておくと、個人での示談金支払いより高い示談金を支払って貰えるのです。また、事故後の後遺障害がどの程度残るかで、示談金の支払い金額は変動してきますが、後遺障害認定の手続きは、一般人には複雑となっています。弁護士であれば、所定の手続きを代行してくれることもあるので、後遺障害の認定をスムーズに受けられます。無料の相談を受付している弁護士事務所もあるので、まずは最寄りの弁護士事務所をリサーチしてみると良いでしょう。